【ドラマ・劇場版】「シグナル 長期未解決事件捜査班」を24時間でほぼコンプリートした話

映画

2021年も4月に突入し、既に暑さを感じる気候です。
いかがお過ごしですか?

新年度に入ったということで、色々と生活を振り返る機会ができたらなと思っているのですが。
ここ最近、「映画館で映画を観る」ことを重視しておりまして。
折を見ては、近くの映画館に足を運んでおります。
これも振り返りに関連するのですが、自分が普段利用するサービスを思い出してみた時、何かと無駄が多いことが判明したんですよ。
その無駄を極力無くし、別の生産的なことに使うべきだと当たり前の結論に達し、「無駄なサービスを使わず、代わりに映画見よう!」と行動パターンを変えることにしたのでした。
映画館で映画を観ることの魅力はまたいつか書けたら良いな、として。

先日、観る映画を選んでいたら、「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」が気になりました。
今回は、24時間で本作をほぼコンプし、映画館に向かった話を綴ります。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」とは?

「シグナル 長期未解決事件捜査班」は韓国で放送されたドラマのリメイクで、2018年4月からフジテレビで放送されました。

一台のトランシーバーが過去(90年代後半)と現在(2018年)をつなぎ、過去の未解決事件を解決するというストーリーです。

過去が変わることで現在も変わる、予想外の展開に目が離せません。
今までに無かったような刑事ドラマで、BTSが歌う主題歌もかっこいい!

  • かつて事件に巻き込まれたトラウマを経て刑事になった、主人公の三枝警部補を坂口健太郎さん
  • 過去(90年代にいた大山巡査部長を北村一輝さん
  • 大山巡査部長の後輩で長期未解決事件捜査班の班長・桜井を吉瀬美智子さん

がそれぞれ演じます。

その他豪華実力派が脇を固め、演技だけでも見応え十分かなと!

そんなシグナルの劇場版が、2021年4月2日から公開になりました。

劇場版鑑賞のために、まずはドラマ版を全作観るぞ!

物事には様々な順番があるもの。

2018年のドラマ「シグナル」をずっと観ていて、いざ待ちに待った劇場版を観る方。
もう一つは、劇場版を観るためにドラマ版を観ようという方。

私は後者で、「明日映画観に行くから、それまでにドラマ全話観ておこう」というわりとタイトなスケジュールとなることに。
別に納期でもなんでも無いわけで(笑)日にちをずらすことも可能なんですけどね。
なぜか時間に追われながらのシグナル視聴となったのでした。

見始めたら、結局止まりませんでしたよ。

大山巡査部長がとにかくいい!

先述したように、トランシーバーで過去と現在を繋ぐことで、未解決事件を解決していく物語です。

このドラマ、北村一輝さん演じる大山巡査部長がいいんですよ!
不器用だけど真っ直ぐで、とにかく正義を貫くという。
2018年に未解決のままの事件を、90年代後半の時点でなんとか解決しようとする。
ドラマを見進めていけば、誰もが大山巡査部長を応援したくなるはず。

北村さんの演技を見るなら、WOWOWドラマ「石つぶて」もおすすめです!

⇒【ハズレなし】WOWOW「ドラマW」は面白い!おすすめ作品と「あるある」を紹介

全10話!連続で観るのはそれなりに集中力がいる

ドラマ「シグナル」は全10話で構成されています。

1話観るごとに「次も観たい」が止まりませんが、それでも連続で10話視聴するのはそれなりに集中力がいるってなもんです。

一旦休もうかと思うこともありましたが、物語中の大山巡査部長の、

「諦めないで下さい。諦めなければ未来は変わります」

という言葉の通り、諦めないで全作観ました!
かなり詰め込み作業になりましたが、これで映画館に向かいます。

ドラマ版スペシャルは視聴できず…

劇場版シグナルの公開に先立って、ドラマ版スペシャルが放送されました。
多分スペシャル版もチェックしておいたほうが良かったんですが、視聴はできませんでした。

そういうことで、「シグナル」を完全コンプリートにはならなかったですね。
「ほぼ」です。

劇場版「シグナル」を映画館で視聴!

試験勉強みたくドラマ版を詰め込み、映画館に向かいました。
いわばシグナル濃度100%の状態かなと(笑)

映画館は感染症対策が徹底されていて、実に居心地の良い空間ですね。
客席にいる人たちは、ドラマ版を視聴済みの方なのでしょう。

ドラマ版から劇場版まで3年の空きがあります。
久しぶりに観るという方は「あぁ、こういう話だったっけ」と思い出す作業があるはず。
その点、私は濃度100%の状態なので、ぱっと話がつながるんですね!
詰め込み式も悪くない、こんな楽しみ方もありかなと。

2021年の世界で大山巡査部長に出会えるのか?

劇場版「シグナル」もめちゃくちゃ面白かったです!
目が離せない展開が続きました。

物語の大きなテーマは「2021年の現在の世界で、大山巡査部長に出会えるかどうか」だと思うんですよね。

そこはネタバレ無しということで、書かないでおきます。

映画って本当にいいものですね!

今回は「シグナル 長期未解決事件捜査班」を24時間でほぼコンプリートした話を綴りました。

放送時からしっかり観て、そのうえで劇場版を観るのが一番の王道なのは間違いありません。

ドラマなどは観ている時の自身の状況や心情と重ねる部分もあると思うので、それこそ作品を通じて過去と現在が繋がるのが面白いですよね。

一方で、ぎゅっと詰め込んでみるのも1つの方法です。
様々な楽しみ方があるのかなと!
ただある程度まとまった時間と、集中力を要します。
「シグナル」ぜひドラマ版からご覧になってみてください!

そして映画って本当に良いものですね。