【ハズレなし】WOWOW「ドラマW」は面白い!おすすめ作品と「あるある」を紹介

WOWOWドラマ

今回はより軽い気持ちで綴ります(笑)

日々生活していく中で、「楽しみ」って必要なわけです。
お酒を飲むことかもしれないし、釣りすることかもしれない。
美味しいグルメを堪能するという方もいるでしょうし、身体を思い切り動かすのが楽しみという方もいるでしょう。

中でも「面白いドラマを観る」は、楽しみの定番なのではないかと思うわけです。

ハマる作品に出くわした日にゃ、自分自身もその中に入ってるんじゃないかと思ったり(笑)

以前「トリック」というドラマが好きだったことは綴りました。

現在、テレビは持っていません。
(捨てて数か月経ちますが、全く困らないという)

時期があれということもあり、地上波ドラマではなく「WOWOWのドラマ」を観ているんですが、むちゃくちゃ面白いんですよね!

「ドラマW」は骨太・見応え十分の作品ばかり!

2003年より、民放衛星放送局「WOWOW」が制作を行っているのが「ドラマW」です。

読み方はどうでもいいのですが、「ドラマダブリュー」が正解な様子。

(ダブル…ダブルリストロック…まぁいいやw)

有料放送なので、地上波ドラマと違いスポンサーの意向・視聴率を意識しなくて良いのが大きな特徴。

ゆえに「これドラマ化していいの…?」と思わずにはいられない、社会問題に切り込んだ作品も多いですよ。

近所のTSUTAYAにも「大人のドラマ」コーナーにWOWOWドラマ作品が並んでいます。
ということは、大人ドラマなんでしょう(笑)

骨太・見応え十分の作品を堪能できます!

大人向け社会派映画なら、野村萬斎さん主演「7つの会議」もおすすめ!
骨太・見応え十分の作品です。

WOWOWに加入していなくても、動画配信サービスで観れる

「ドラマW」という名称ですが、WOWOWに加入していなくても、

  • アマゾンプライムビデオ
  • Hulu(フールー)
  • ネットフリックス
  • U-NEXT

などの動画配信サービスで観ることができます。
ただ最新の作品を観るなら、やはりWOWOWに加入した方が良いでしょう。

ドラマW・個人的おすすめ作品

以前から時間を見つけては、気になる作品を視聴していました。

冒頭でも触れましたが、ハマる作品に出会うと「次も観たい!」が止まらず生活に影響を及ぼします(笑)
寝不足はまず免れないでしょう。

最近またハマって観ていますが、やっぱり見応えありますね。

これまで観た作品はこんな感じ(2020年8月時点)

  • 空飛ぶタイヤ
  • マークスの山
  • 誤断
  • 震える牛
  • 再生巨流
  • 地の塩
  • なぜ君は絶望と闘えたのか
  • 罪人の嘘
  • 蛇の人
  • シリウスの道
  • プラチナタウン
  • 贖罪の奏鳴曲
  • しんがり~山一證券 最後の聖戦~
  • 楽園
  • 血の轍
  • 煙霞-Gold Rush
  • 闇の伴奏者
  • テミスの求刑
  • LINK
  • レディジョーカー
  • 監査役 野崎修平
  • 本日は、お日柄もよく
  • 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • スケープゴート
  • パーフェクトブルー
  • 下町ロケット
  • 闇の伴奏者~編集長の条件
    埋もれる
    片想い
    沈黙法廷

こんな感じ。
並べるとそこそこありますが、まだ全然っすね…。
観ていない作品はまだまだあるので、引き続きチェックしていけたらと思っています。

どれも面白かったことは確かなのですが、記憶が薄れているものや「今だから観たい!」作品も多いかなぁ。当時は面白さを理解していなかったというか。
正直スマンかった(健介)

ここで、ドラマW・個人的おすすめ作品を簡単にご紹介しますね!
(ランキングではない点、あらかじめお願いします)

マークスの山

1993年に出版された、高村薫さんの大ベストセラー小説がもとになっています。
主人公の合田雄一郎を、上川隆也さんが演じます。
上川さんは刑事役が似合いますね!(真っ白な靴)

社会派ミステリードラマで、「マークス」の意味がドラマを観ていくうちに分かるでしょう。

「待て!マークスだ」

雪山シーンも多く、なんていうかスケールが大きい。
とにかく1話目から引き込まれまくりました!

高良健吾さん、恋人役の戸田菜穂さんの演技も要チェック。

冬に観て欲しい作品ですよ。

※ちなみに映画化もされていますが、DVDは発売されていないようです。

震える牛

冒頭で触れたように「これ、ドラマ化していいの?」と思わずにはいられない社会派ドラマの筆頭。

原作は、相場英雄さんの推理小説です。

食品偽装」「BSE(狂牛病)」がテーマの、生々しい内容です。
5年前のとある事件から、食品偽装・狂牛病が見事につながっていくんですよ。


主演は三上博史さん。
ドラマWといえば三上博史さんのイメージが強いのですが、私だけ?(笑)

豪華・実力派スタッフが脇を固め、これも1話目から引き込まれまくりましたよ。
ミートボックス社長を演じる、古田新太さんの怪演は要チェック!

「牛が…震えた」

普段口にする食品だからこそ、実際に起こっているかもと考えると「怖さ」を感じずにはいられませんね。

WOWOWだからこそ作れた作品でしょう。

三上博史さん主演の、WOWOW版「下町ロケット」も超おすすめ!
今やTBS版よりも好きになっちゃったかも。

石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

2001年に政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」を詳細に追った、清武英利さんが書かれた「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」が原作。

主演は佐藤浩市さん、江口洋介さん。
面白くないわけがないですよね!


捜査二課「情報係」「ナンバー」の奮闘を描きます。

もう見応え十分!重厚感が半端ないです。
ドラマWを観るなら、絶対外せない作品だといえるでしょう。

個人的には、外務省「真瀬」役・北村一輝さんの演技がヤバいと思いました。
数々の映画・ドラマに出演されていることはもちろん知っていますが、いやはやこんな実力派だとは。

正直スマンかった…(健介)

名もなき刑事たちが、外務省の汚職を如何にして暴いたのか。
(汚職事件のことを、さんずいというらしい)

この間のGW中に全話観たのですが、1話終わるごとに「次も観たい」が止まりませんでしたよ。

監査役 野崎修平

大手都市銀行「おおぞら銀行」の「監査役」に就任した野崎修平の奮闘を描きます。

主演は織田裕二さん。正義のために戦う役が本当に似合いますね!

  • 頭取役・古谷一行さん
  • 専務役・岸谷五朗さん
  • おおぞら銀行初の女性役員・松嶋菜々子さん

実力派が勢ぞろい。
岸谷さんのクセが強すぎる演技が見物だといえるでしょう!

目まぐるしい権力争い、とにかく真っすぐ不正に立ち向かう野崎の奮闘、要チェックです。

1話目で織田裕二さんと相対するユースケサンタマリアさんに「真下?」と思ってしまいましたが(踊る大走査線)

続編として「頭取 野崎修平」が放送されたようです。

ドラマWのポイントを紹介

ではここから、ドラマWのポイントを紹介していきますよ。
少しでも参考にしていただけたら幸いです。

1.警察・銀行をテーマにした作品が多め

骨太な社会派ドラマが多いだけに、警察や銀行を舞台にした作品が多めなのかなと。

銀行内の派閥争いや、警察組織内で正義を貫くなど、重厚感ある人間ドラマを観たい方におすすめです。

2.「重い」内容のドラマもある

ハズレ無しだといえるドラマWですが、「重い」テーマの作品もあります。

観ていて辛くなる作品、暴力描写、グロい内容が含まれる作品も存在するのが事実。
あらかじめ把握しておきましょう。

実際、私も「あー、だめだ…」と視聴を中断したドラマもいくつかあります。
その時の気持ちも関係してくるんでしょうけど、無理してまで観る必要はないと思いますよ。

大人ドラマですからね、視聴を続けるかどうかの判断も大切になってきます。

闇というか、心エグる作品が好きな方にはもちろんおすすめ。

3.一気に観やすい!4話~6話で完結する作品が多め

WOWOWドラマは、4話~6話で完結する作品が多いのも特徴です。
地上波ドラマは10話くらいですか。
ドラマWはだいぶ短いですよね。
一気に観ることもできる、丁度良い長さだと言えるでしょう。

4.実力派俳優が出演する

スポンサーありきの地上波ドラマは、視聴率を重視しなければならないので、話題の俳優だったりアイドルを起用しますよね。

演技力が伴わないことがあるのはは言うまでもありません。
原作ファンから失望されるケースも数多くあります。

先述したように、WOWOWはそもそも仕組みが全く違うもの。
課金してくれた視聴者を満足させることが一番なので、視聴率は関係ありません。

社会派ドラマが多く作られますし、実力派俳優・女優が常に出演します。

「連続ドラマ出演は、ドラマWのみ」という俳優もいるんじゃないですかね。

佐野史郎さんはだいたい敵役(笑)

実力派の俳優として不動のポジションを築く「佐野史郎さん」ですが、WOWOWドラマでは大抵敵役として登場している様子です(笑)

事件の黒幕だったり、ボスだったり。
主人公の仲間として登場した記憶がほとんどありません。

途中まで主人公の味方と見せておいて、最後になって実は敵だった…というパターンもあります。
「結局、そっちかよ」ってね。

名作に佐野史郎さんは欠かせませんね!

ドラマWあるある「エンドロール前のスローモーション」

最後に「ドラマWあるある」を一つ綴りたいと思います!

物語の終盤、次回へ続く重要な場面。
エンドロールが流れる前、結構な確率で「スローモーション」になるんですよね(笑)

WOWOWドラマをご覧になっている方なら、分かってくれるはず。

気付いてしまいました(笑)

ぜひチェックしてみてください!

骨太ドラマを堪能して、楽しい毎日を過ごしましょう

今回は、WOWOWドラマをご紹介しました。

ぜひ、チェックしてみてください。
くれぐれも寝不足には注意しましょう(笑)