揺れないランニングポーチ「FlipBelt(フリップベルト)」の選び方・おすすめ着用法

フリップベルト画像1役に立つアイテム

最近、「運動できる有難み」を改めて実感しています。
私が言うまでもありませんが、適度な運動は身体面だけでなく精神面にもめちゃくちゃ関係していますね。

以前にも増して「ランニングしている」方も多いのではないでしょうか?

私も東西南北、様々なコースを設定しては無我夢中で走っています。
走り出す前は「やっぱ別の日にしようかな」と迷いが生じることがあっても、走り出したらどんどん楽しくなるもの。(作業興奮というらしい)

早くグラップリング(寝技の練習)がしたいですが、まぁ今は頭で考える時期ということで、ランニング中に閃いたことをメモする作業も楽しいです。

さて、ランニング中「貴重品の管理」に頭を悩ませたことはありませんか?

貴重品というのは、

  • スマホ
  • 財布

などのこととしましょう。
ウォーキングなどゆっくりした運動ならポケットにしまっておけるのですが、本気で走りたい場合は「落ってしまわないか」心配になるのも無理ありません。

私はスマホは所持せず、鍵と小銭(飲み物用)をポッケに張り付けて走っていました。
揺れも気になりますし、「貴重品を一つも身に着けていない」くらい自由に走りたい。

様々なブランドからランニングポーチが発売されていますが、今回は以前から欲しかった秘密兵器「FlipBelt(フリップベルト)」をご紹介します!

ハンズフリーで運動できる「FlipBelt(フリップベルト)」

身体に密着するベルトの中に貴重品がしっかり入り、ずれない。
それがフリップベルトです。

アメリカで大人気を博したのち、2014年7月より日本で販売を開始しました。

これだけでは何に使うアイテムか即答できない感じ。

ベルトといっても金具類は一切なく、履くようにして身体にくっつけるのです。

ピタッと密着するので、ランニングはもちろん筋トレも可能ですよ。

写真では見えにくいですが、「切り口」がいくつかあり、スマホをはじめ貴重品を入れることができます。

貴重品が身体に吸い付く感覚

まさに求めていた「貴重品を一つも身に着けていない」感覚ですし、言い方を変えると「貴重品が身体に吸い付く」という表現もできるかなと思います。

厳密にいうと、「若干キツめ」のサイズをチョイスしました。
サイズにゆとりがあるとまた違ってくるかもしれません。

意識的に「キツめ」のサイズを選ぶことをおすすめします。
詳しくは後ほどお話しますね。

タイプは3種類

FlipBelt(フリップベルト)には、

  • FlipBeltクラシック
  • FlipBeltリフレクティブ
  • FlipBeltジッパー

の3種類があり、色数が多いのはFlipBeltクラシックです。

私はFlipBeltリフレクティブを選びました。(夜道で光に反射します)
ジッパー付きのモデルもあるので、機能性や好みのカラーで選びましょう。

FlipBelt(フリップベルト)の用途

フリップベルトについてお話してきました。

ここで改めて、FlipBelt(フリップベルト)の用途を綴りますね。

1.ランニング時の貴重品管理に

何度も触れてきましたし、より快適にランニングするために購入したくちです。

今こうやって書いている時点で暑いですが、これから更に暑さが増すはず。

当然ながら水分補給は大事ですし、塩分補給のための飴を持参しても良いかもしれません。

貴重品を身に着けつつ、より自由に走りたい。
本格派ランニング愛好者にこそおすすめだと言えるでしょう!

閃いたアイデアをスマホにすぐメモできる

社長や事業主、何かを作っていく側の人にとって「閃いたアイデア」は宝物のはず。

走っている最中に降ってくる時もあれば、都会から離れた自然の中でリラックスしているときに浮かんでくる場合もありますよね。

閃いたアイデアをスマホにすぐメモできますよ。

2.筋トレ時の貴重品管理に

フリップベルトはアメリカで開発されたと冒頭でお話しました。

商品紹介動画では、フリップベルト着用で筋トレ・キックボクシングのミット打ちを行っていました。

正直「貴重品置けるなら、置いた方が良いのでは?」と思ったのですが(笑)
でも常に貴重品を身に着けておくことは大切です。

身体に吸い付くようにフィットするので、集中しながら運動できるはずです。

3.家事・掃除の際の貴重品管理に

スポーツ用のポーチですが、家事(特に掃除)をする際の貴重品管理に活用できるなと思いました。

特にスマホは、常に身に着けていたいですよね。
連絡が来る予定がある場合はなおさら。

大掃除で家の中がごちゃごちゃしている際は重宝するはず!
移動する際、いちいちスマホを持参しなくて済みます。

その他、無くしてはまずいアイテムを保管できる優れアイテムに変わるでしょう。

4.近所のスーパーにふらっと行く際のポーチとして

スマホや鍵・財布が入るので、近所のスーパーにふらっと行く際にも使えます。

完全ハンズフリー。ズボンのポケットに入れる必要もありませんよ。

フリップベルトを着けた上からパーカーなど羽織れば、全く違和感ありません!

斬新かつ機能性が高い貴重品管理ではないでしょうか。
ポーチそのものです。

その他、近所の居酒屋で知人と軽く飲む際も、このコーデでいけますね。

FlipBelt(フリップベルト)を使用する際のポイント

ここから、FlipBelt(フリップベルト)を使用する際のポイントを簡単にご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

「落ちるのが不安」な場合の2つの対処法

着用していただくと分かると思うのですが、フリップベルトのポケットに入れた貴重品は、ほぼ落ちません!

しかし中には、「何かの拍子で落ちそうで怖い」と思う人もいるはず。
おすすめの対処法について綴りますね。

1.紐を使う

フリップベルトには、がついています。

貴重品を小袋的なものにまとめ、紐に括り付ければ落ちません!
これが一つ目の方法。

2.裏返す

もう一つはベルトを裏返し、切り口を身体側に向けることで貴重品が飛び出すのを防ぐ方法です。

ベルトごと裏返す方法が正統派かもしれませんが、取り出しやすさを考慮すると、写真のように一か所を裏返すのがおすすめ。

これで貴重品が落ちることはありません。
ぜひ実践してみてください。

小銭など小さな物を持参する場合は折り曲げるのもアリ

小銭など比較的小さなものを持参する場合は、完全に折り曲げて装着するのもアリですよ。

フリップベルトのロゴは隠れ、ぱっと見はバナナみたいですが(笑)

口が閉じられているので、もちろん落ちる心配は皆無ですしとにかくズレませんよ。

ツーサイズ小さいベルトを選ぶべきです

公式サイトにも「アメリカンサイズなのでワンサイズ小さめを選ぶべき」という記述があります。

私のおすすめは、ツーサイズ小さいものを選ぶこと。

購入したのは「S」(66-73cm)です。
届いたときは「少しキツイかな」と思いましたが、使っているうちに身体に馴染んでくるので大丈夫ですよ。

少々きついくらいの方が、ランニングの効果が上がるでしょう。
ツーサイズ小さめを意識して選んでみてください。

お腹ではなく「腰」に巻きましょう

お腹に巻くこともできますが、腰の高さに巻いた方が運動しやすいです。
キツめサイズを選び、腰の高さに巻けばほぼずれること無く運動に集中できます。

参考にしてください。

ベルトを隠す場合は重ね着すればOK

シューズ選びやウェア選びも、ランニングの楽しみの一部ですよね?

(私はこだわることができていませんがw)

ランニングウェアにフリップベルトは合います!
ウエスト当たりに設置すれば、おしゃれに見えるかと。

ただ、ウェアによっては合わなかったりもするでしょう。
その場合は「重ね着」して隠すことができます。

暑い季節は難しいかもですが、涼しい時期は重ね着をして調節してみてください。

近所に水を買いに行ってきます

ということで、喉が渇いたので近所の自販機で水を買いましょうかね。

もちろんフリップベルトを着用して、スマホとお財布を携帯して外に出ます。
夜風が気持ちいい!昼間は一気に暑くなって、バテ気味…。

すごく分かりにくいのですが、フリップベルト実装写真。

財布とスマホを詰めて、きついかなと思いましたが問題なしでした!

自販機の前でも一枚。

歩いていて、全くズレません!

ピタッと体にフィットし、快適に歩けます。
腰を適度に締め付けて固定する感じもGoodかなと。

ドローインではないですが、お腹が凹むかも(笑)

先日、小金井市から立川市までランニングしました。
その夜の様子は下記の記事からどうぞ!

暑い夏も気持ちよく走りましょう!

そろそろ、あいみょんの「マリーゴールド」が聞きたくなる季節です。

走りやすい時期、積極的にランニングして気分爽快しましょう!
「FlipBelt(フリップベルト)」を使いこなしてみたいと思います。

スマホを持参できるので、ランニング中の様子もちょいちょい紹介していきますね。